高山憲二のプロフィール

日立マクセル(1970年4月~1971年6月)

営業部員:カセットテープ、電池の販売  販売先:文化放送、キングレコード他(南米に行くために同社を退社)

PenStock

キトー電力(株)ナヨン水力発電所の
建設工事現場にて

南米滞在(1971年7月~1974年年6月)

ペルー国天野博物館(1971年8月~1972年9月)

ペルー文部省文化局登録用資料作成 その他データ作成 博物館見学者の案内 説明ほか。(この間夜間学校に通いスペイン語を習得)

この頃、「グレートジャーニー」で有名な探検家 関野吉晴氏と出会う。

語学学校卒業後、南米一周旅行(1972年10月~1973年3月)
三菱商事エクアドル支社(1973年4月~1974年4月)キトー電力(株)ナヨン水力発電所建設工事(通訳・渉外担当) に携わる。


三井金属(1974年11月~2008年3月)

本社資材部(1974年11月~1981年1月)

原材料購買、後に機械購買担当、輸出業務担当(ペルー、アイルランド向け)

神岡鉱業所 経理課資材係長(1981年1月~1983年1月)

資材係統括(購買、倉庫管理、製材所管理)

ペルー支社 資材部長(1983年1月~1988年3月)

サンタルイサ社 カタンガ社向け資材購買・資材管理責任者(輸入業務を含む)

(株)三井金属エフピーシー(1988年4月~1991年3月) 管理部長兼生産管理課長

触媒事業部(1991年3月~2008年3月) 営業部長、平成14年より海外営業部長

to Page Top


三井金属・触媒事業部での実績<<開拓してきた海外取引先>>

平成3年まで海外取引はゼロであったが、小職が以下の海外取引先を全て開拓した。三井金属・触媒事業部の ラヨン工場(タイ)、デリー工場(インド)、珠海工場(中国)のすべてに、建設P/Jメンバーとして参加してきた。

  1. (インド)Bajaj ,TVS, Hero Honda,,HMSI、Yamaha他(二輪車市場でのシェアーは約80%)
  2. (台湾)三陽、光陽
  3. (タイ)Honda, Yamaha, Suzuki, Cagiva
  4. (中国)大長江、新大州本田、五羊本田、銭江摩托
  5. (欧州)ホンダイタリア, Suzuki Espana, Montesa Honda
  6. (ブラジル) Honda da Amazonia

(財)海外職業訓練協会での国際アドバイザー業務

平成20年10月より国際アドバイザー(インド担当)として、以下の各社にアドバイスしてきた
日本製紙、日本リークレス、新日鉄マテリアル、日産トレーディング、前川製作所、 、日立マクセル、三井金属、アドバンスト・マテリアル・ジャパン等、 その他諸団体でインドに関する講演を行う。

to Page Top


高山 憲二の横顔

スペイン語、英語の語学力はもちろん、国際感覚と折衝力、 更に慎重な交渉スタイルがセールスポイントだ。 特に、百回を悠に超える海外出張中で、一度も病気になったことがないという体力が自慢。
インドには1997年以来、60回以上の出張経験があるが、一度も問題がなかった。

Super_Mario

ペルー駐在員時代の駐在員3人+ペルー人1人で作ったバンド
「Super Mario Brothers」のメンバー、右端が高山憲二

スポーツ 学生時代は水泳部に所属 「水泳日本」の底辺を支える
趣味:音楽【三井金属入社後軽音楽部"Escargot"(エスカルゴ)を創部、ドラムを担当
ペルー駐在員時代は、駐在員3人+ペルー人1人で作ったバンド"Super Mario Brothers"で演奏
三井金属時代は、ヨット部で江ノ島にヨット(F.C フライイングキャット) "Garota de Ipanema"を持っていた。
酒:何でも飲む、最近は焼酎
資格:運転免許(四輪車、大型二輪車)、潜水士


to Page Top