インド進出に関するコンサルティング(各企業へのアドバイス)

私は三井金属触媒事業部営業部長 在職中様々な国に自分自身で出向いて、触媒の新規顧客開拓をしてきました。(プロフール参照

インドに関しましては1997年に営業活動を開始しました。現在同事業部はデリー近郊グルガオンに工場を持ち、同国の二輪車用触媒市場においては約8割のシェアーを誇っております。 これらの経験をもとに、これから色々述べさせて頂きます。
世界中から注目を浴びているインドの巨大市場、BRICsの中でも最も高い経済発展が予見されるインド。
次はインドだ!参照

ところがインドに進出済みの日系企業は725社(2010年10月1日現在:在インド日本大使館資料)中国の約2万2千社に比べ二桁違いです。

この原因は一体何でしょうか? 物理的・文化的そして心理的隔たりもありますが、大きな原因の一つはインドに関する情報不足です。下のクイズを答えていただければ「納得!」という方もいるのでは。

そのためあらぬ誤解をして、インド進出を躊躇している企業が少なくありません。

例えば治安が悪い、良い病院が無い、カースト制度のために会社経営が困難である、 社会主義国家で企業活動に規制が多い、等等。

私の経験からしてこれらは真実ではありません。(インドという国:インドに関する誤解 参照

他にインフラの未整備、官僚機構の非効率、複雑で難解な税制もよく言われますが、これらは程度の差はありますが発展途上国では当たり前です。現実に、私はマナウス(ブラジル)に出張した時に、現地の商工会議所の方から全く同様な話を聞かされました。

 

下記に該当される方、高山憲二まで是非ご連絡ください。正確な情報・有効なアドバイスを提供いたします。

  1. インド進出を検討中の企業の方
  2. インド進出のためコンサルタントを求めている方
  3. インドに初めて赴任予定の方。
  4. インドに初めて出張予定の方。
  5. その他、インドビジネスに興味をもたれている方。

企業へのアドバイス(実績)

  1. 前川製作所
  2. 新日鉄マテリアル
  3. 日産トレーディング
  4. 日本リークレス
  5. 日立マクセル
  6. アドバンスト・マテリアル・ジャパン
  7. 神戸製鋼所
  8. 住友重機モダン

失礼ながら、ここでクイズです。

インドはBRICsの一つですが、意外に大統領・首相の名前さえ知られていません。 下のクイズを答えていただければ「納得!」という方もいるのでは?

 

BRIsの中国の国家主席と首相の名前は? ( 2013年春の全人代で交代しました )

では、BICsのロシア連邦の大統領と首相の名前は? (2012年5月7日交代しました)

さて、BRCsのインド共和国の大統領と首相の名前は? (2012年7月大統領選があります)

ついでに、RICsのブラジル連邦共和国の大統領の名前は?

最後に、BRICの南アフリカ共和国の大統領の名前は?

 

最近の活動(講演ほか)

2014年1月28日(火)

横浜インドセンターで講演 (於 メルパルク横浜)
タイトル「インド進出 失敗しないために」

2013年8月

メルマガ「ウエッジ」(JR東日本)9月号にて、アドバンスト・マテリアル・ジャパン社中村社長と対談。
テーマ「天野芳太郎氏について」

2013年2月15日

日経BPで講演(秋葉原UDXカンファレンス)
インドビジネス基礎講座 タイトル:「B to B ビジネスの事例」

2012年6月より

住友重機械モダン アドバイスを開始

2011年12月17日~21日

インド出張【デリー経由でビシャカパトナム(東海岸)】

2011年9月1日

ホムページを開設しました。今後とも宜しくお願いいたします。

2011年1月14日

講演:財団法人日本ボンド磁性材協会主催 タイトル 「次はインドだ!」

講演レジメ:BRICsの中のインド、印中比較、インドの潜在力


2009年5月14日

講演:社団法人未踏科学技術協会 タイトル 「インドを知ろう」

講演レジメ:インドの独立、インドの産業構造、印中比較、日印関係、ガンディー


2009年1月23日

講演:国際レアメタル&リサイクル協会 タイトル 「インドの社会情勢と社会構造」


【お問い合わせ先】

高山 憲二

電話 048-855-4377

e-mail : E-Mail← ここをクリックしてください。

(※南米に興味がある方も、どうぞ…)

to Page Top